不動産売買を実施する仲介業者を活用する際の基礎知識

媒介契約には3つの種類があります

不動産を売り払いたいケースでは、仲介業者と媒介契約を交わして、マイホームの売却をサポートして貰う方は多いでしょう。媒介契約には、いくつかの会社と媒介契約を結ぶ事が可能な一般媒介契約、それから、媒介契約を交わす事が出来るのは1社だけになる専任媒介契約及び専属専任媒介契約のタイプがあります。一般媒介契約につきましては、色々な不動産会社と契約の取り交わしが出来る一方で、それほど気配りして貰えないケースがあります。それに対し、専任媒介契約、あるいは専属専任媒介契約にあたっては、取り引きを結んでいるのは、1社だけになるので独占出来るといった仲介業者にとりましてのメリットがあります。

専任媒介契約及び専属専任媒介契約の違い

専任媒介契約及び専属専任媒介契約の相違につきましては、販売のための活動の報告であったり、それから指定流通機構に対してのエントリーまでの期間の相違などになります。専任売買契約においては、媒介契約締結の日か7日内に指定流通機構へとエントリーが不可欠です。そして、専属専任媒介契約につきましては5日内にエントリーをする義務が存在します。販売のための活動による報告に関しましては、専任売買契約にあたっては2週間に1回それから、専属専任媒介契約に関しては1週間に1回以上の報告の義務が存在します。不動産売買をお願いする場合、どんな人でも悩みを抱える事は、媒介契約のタイプと考えられますが、媒介契約の主な特徴を理解しておく事が不動産売買において重要な要素になります。

専属専任媒介契約の特徴に関して

取引のための活動を展開している時に、友人が家を購入したい事もゼロではないかと考えられますが、専属専任媒介契約につきましては自己発見取引禁止の特約がありますので、自らが購入の希望者を見いだすことができた場合でも、必須条件として業者に対して報告を実施する、それから手数料を払う必要性があります。一見すると、専属専任媒介契約に関してはメリットが一切無い媒介契約だと感じる方も多いかと考えられますが、自己取引のケースでは登記などを代理人として尽力してくれる司法書士を見い出さないとなりませんし、代金支払いに関しても自分自身が実行しないとなりません。しかしながら、仲介業者にお願いしている場合は、業者が特定する司法書士に依頼が可能で、業務の代理人として働いて貰えるなどのアドバンテージもあります。

記事一覧