みんな初めての不動産売買の流れ

まず最初に土地探しを始めてみよう

土地探しは場所探し、住みたい場所、暮らしたい街から希望物件を探し出しましょう。あまり金額や相場にとらわれず、欲しい場所である気持ちを優先した方がよいと思います。土地の売買はなかなか替えが利かないものであり、場所で妥協すると、一生悔やまれますので、希望地はあまり広げないことが重要です。しかしながら、現実的に高いとか買えないとかいった問題に直面するかも知れませんが、土地で無理しても建物は工夫が出来ますし、資金計画も借り方返し方の工夫が出来ます。後々広くしたり、簡単に場所を変えたりはできないので、立地条件の妥協はなるべくしないように探し始めるのが良い流れに繋がっていくのです。

次ぎにどんな建物にするか考える

不動産の建物売買は中古と新築に分かれますが、いずれにせよ間取りを決めるのが最初の流れです。家族数による必要な部屋数、広さで工夫出来ることや後でリフォーム出来るなど、土地とは違って、多少は臨機応変にできるのが建物です。面積よりも間取りから入り、帖数で部屋の大きさを考えて下さい。廊下やホールも勿論必要ですが、その分面積が増え、金額が高くなる場合もありますので、まずは必要間取りで、中古や建て売りを検討したり、新築の設計に入って下さい。中古や建て売りの見学をするときはたとえ売り込みであっても不動産業者の話を良く聞き、新築の設計であれば設計士や担当者のアドバイスも良く聞いて下さい、やはりプロですので、自分が考えもしなかった提案があるかも知れませんので。

土地建物の総額から資金計画を組む

住みたい場所に住みたい間取りになっても実際に支払いが出来なければ、不動産の売買は成立しません。最初に土地、次ぎに建物、最後に資金計画でうまくいかずに全てが無駄になってもいけませんので、実は不動産売買の流れとしては土地、建物、資金計画は常にセット、同時並行で行くべきなのです。住みたい場所を大まかに決める、暮らしたい間取りで大まかに設計する、住みたい土地の相場と暮らしたい間取りの面積から建物価格を算出して、資金計画を立ててみて下さい、月々の返済額によっては土地の立地をもっと良くしたり、建物の面積をもっと広くしたりと出来る場合もあるからなのです。あと資金計画で大事なことはいくら借りられるかではなく、いくら返していかれるかです。どんなに欲しい物件があったとしても無理をして返済できなくなってしまってはせっかくのマイホームを手放さなければならなくなりますので、充分ご注意して下さい。

記事一覧